バイナンスに感謝状

バイナンスに感謝状

皆さんどーもードM factoryです。

本日は上記タイトルについて書こうと思います。

1.バイナンスの支援

2018年の7月に発生した西日本豪雨の被災地および被災者を支援するために、取引所バイナンスは自社の慈善部門バイナンス・チャリティーを通して、「西日本災害支援プロジェクト」を開始した。
同取引所は10月付で、広島県・愛媛県・岡山県を支援対象に、計5670万円相当のイーサリアム・ERC20の寄付金を集めており、ミス・ビットコイン・真衣氏の協力をもとに支援を行なっていた。
バイナンスは海外仮想通貨取引所の中で、初めて地域政府から「感謝状」を授与された企業となる。バイナンスは諸事情で日本市場から撤退したが、かつての日本ユーザーにとっては非常に励ましいことだろう

引用元:https://coinpost.jp/?p=101065&from=tag

2.筆者の感想

当時バイナンスが被災地に対して寄付をしたが、Twitter上では、暗号資産で寄付されても困るとか、寄付金が少ないとか寄付も何もしていない人々が非難していたのを今でも覚えていますw
文句を言うならまずは同じ土台にたってからにしろよってコメントした気がするw

バイナンスは今日までハッキングや、BSVの上場廃止等問題はありましたが、暗号資産の業界のリーダーである事は間違いないでしょう。暗号資産を使用しての寄付は非常に有用で、ダイレクトに寄付元に送金できるで、よくわからない団体を通すより遥かに透明でクロスボーダーが容易にできるので、寄付とは非常に相性が良いと言えるでしょうなのでこれからもどんどん採用されていく事を祈ります。
バイナンスは金融庁から警告を食らって日本国内で営業はできなくなりましたが、今でも日本のユーザーには好まれているので、こう言った寄付等をこれからも続けていって欲しいものです。