取引所ってどうやって儲けているの?

NO IMAGE

皆さんどーもドM factoryです。

本日は気になっている人も多くいると思う取引所の収益について書こうと思います。

1.取引所の収入源って?

取引所の収入源の大半は以下の取引手数料です。
1.取引所
2.販売所
3.OTC
4.FX
大きく分けてここの手数料が取引所の大半を占めていると言っても過言ではありません。

2.何故世界的な取引所は大きく儲けているのか?

こちらが最大の疑問である人達がいらっしゃると思いますが、こちらは実は結構簡単な仕組みで、実はユーザーは取引する度に取引手数料がかかります。あまり気にした人もいないと思いますが例としてBTC/JPYで取引をすると、売買でユーザーが支払う手数料が異なります。BTC/JPYの買いである時はユーザーはJPYで手数料を払いますが、売りならBTCで手数料を払います。※取引所によってルールは違うので一概には同じではありません。


1BTCが10円の時に取引手数料で100BTCだとしましょう、半年後1BTCが100円に上がると取引所の収益も10倍に膨れ上がります。なので草コインを取り扱い初めて●百倍とかになると取引所もウハウハとなる構図が生まれます。なので取引量が多い世界的な取引所は取り扱う通貨数も豊富で取引量も多いので自ずと大きな収益をあげる事ができます。

3.まとめ

上述した物を見ると取引所って簡単に儲かるじゃんって思う人も多いかも知れませんが、1撃のハッキングで営業が出来なくなったり、それの対策をするための費用、運営費用、システム維持費、サーバー代等々かなりお金がかかっています。なので簡単に見えますが、世界的な取引所の経営努力は非常に素晴らしい物だと思います。