日本のXRPの大本命SBIが遂にいた取引をスタート!!

NO IMAGE

皆さんどーもードM factoryです。本日は日本のXRPの大本命のSBIが板取引を始めたのでそれについてと筆者が思うxRを行うに当たって障害となりそうなポイントを書きたいと思います。

1.SBIの板取引について

https://sbivc.jp/pro/exchange

上記の図がSBIの暗号資産の板取引です。非常にシンプルに作られおり、販売所程簡単ではありませんが、売買するのに迷わずに使用する事ができるでしょう。
SBIVCトレードは、マーケットメイカー(カバー先)に自社のSBIアルファ トレードを使用しているとの事。SBI VCトレードはポジションリスクを背負わずに運営するので、恐らくカバー先が大量にXRPを所持していると予測しています。
肝心の取引ペアはXRP、BTC、ETH/JPYの三通貨になります。XRPを先頭に持ってくるあたり流石SBIと言えるでしょう。※メイカーもテイカーも手数料がかからない(もしかしたら永遠に0)。

2.流動性について

今日始まったばかりなので、板はもちろんスカスカでありますが、こちらは一日二日で変わるものではないので、長い目でどれだけ改善されるか、楽しみであります。先ずはLiquid、最後にビットバンクを超えなければ、SBIとしては相当悔しいと思われますが、ビットバンクは世界でもXRP/JPYの出来高が高い方で流動性もある方なので、簡単には追いつけないので相当な企業努力が必要と予想されます。筆者が気になるのは、注文が逼迫した時にビットバンクみたいに直ぐに注文制限をかけるのかそれとも、そんなものは関係なく通常どうり注文を捌けるのかが非常に気になるポイントであります。これはマッチングエンジンの優劣とサーバの強さが垣間見えるところなので同業者としては非常にワクワクしますw

3.xRapidを実装する上での障害となる点

最後に筆者が一番気になるのはSBIのセキュリティーに全振りした結果のクリプトの出庫(出金)の部分です。流動性の問題が解決できたと仮定して、確かに販売所もあるので大口の送金と小口の送金の受取り手には申し分はありませんが、やはり出庫(出金)がSBIの指定するコールドウォレットにしかできないため、日本からの送金をやるには非常に手間がかかると思われます。将来的に出庫(出金)条件を変えるのかどうかも見ものでございます。