XRPの値上がりモデルと創業者による売り圧

XRPの値上がりモデルと創業者による売り圧

皆さんどーもー本日はTwitterでよく言われるXRPの値上がりモデルって新規養分がいないと無理だろって思われている方が多いのでそれについて私なりの解釈で書こうと思います。

1.XRPは新規に高値で買う人が居なければ値段が上がらない?



これはよく耳にしますが、半分正解で半分外れです。
では何故なのか、それについて解説していこうと思います。
まずXRPの値上がりモデルは送金による需要です。
①送金=取引
②リスクを恐れて自分で保有したくない人は常に必要な時に市場で調達します。
つまり、半分正解といったのは、常に市場で調達する人がいると言う事です。この人や機関、送金業社はXRPの1枚の単価がいくらであろうと全く関係がありません、気にするのは流動性のみです。考えてみてください、100万円分を送金したいって時に1枚100万円だろうと1枚1円だろうと買える枚数に差はあれど両者とも同じ100万円です。このモデルを考える時に勘違いする人が多いのは、常に市場で調達する人達がいる事です。もう一度言いますが、この人達はキャピタルゲインを取りに来ているのではなく、単純に送金をする為に買いに来ているので、単価がいくらであろうと、目的地に早く安く、確実にExchange出来ればそれでいいのです。このようなユーキリティがない通貨を応援している人達は、常に自分が高値づかみかもしれないと言う心配した方がいいでしょう。

2.株では禁忌とされている創業者達の売り圧



これも最近よく聞きますね、まず株式って何に使うものか考えてみましょう。
①配当をもらう為
②議決権
③企業の支配権
簡単に上記の3つであると思います。つまり株式の世界では創業者が大量に売りに出すと、他の人に会社の支配権を奪われる危険性があります。なので別にもう会社いらないとかそれに準ずる場合の時以外は支配権を取られたくないので、一定数は保持するはずです。
では逆に暗号資産であるXRPはどうでしょう?
上記のどれにも当てはまりません。1番でも記述しましたが、XRPの値上がりモデルは使われてなんぼの世界です、なのに創業者が流動性に寄与せずにホールドし続けるって明らかに間違いであり、おかしな行為になりますよね?
日頃から市場に流し続けて極力ダメージを与えないようにしているのと、ある時まとめていきなり売りに出すとでは大きな違いがあります。



3.Ripple社の売り圧

毎四半期毎にレポートを出す度にこれを言い出す方々が居ますが、前からずっと売っていたのに何を今更騒いでいるんだろうと思います。こういった報告があるから議論になるだけであって、騒いでる人達の握っている通貨はこういった議論ができるのでしょうか?答えはノーデス、レポートでの報告がないから。Ripple社にはXRPを大量保有してそれを管理する責任があります。なので市場に対してもフェアな態度を取っています、せめて同じくらいフェアに運営してから批判をするべきだと思います。ブロックチェーンって言う透明性が売りな世界で、透明性がない運営って馬鹿にしてるとしか思えません、、、、